上手な部屋探しのコツ、引越しのテクニックなどをご紹介しています。

インターネット回線

WiMAX2+を業界最安値で契約したいなら「GMOとくとくBB」で決まり!

投稿日:2018年4月22日 更新日:

どこでも持ち運びができて高速インターネット通信が可能なモバイルルーターのWiMAX2+。

近年では自宅に固定回線を引かずにWiMAXを利用してネットを楽しむ人も増えています。

その理由は何といっても、工事が不要という手軽さでしょう。

WiMAXの通信技術も年々進歩し、下手な固定回線よりも速い通信速度を出せる機種も発売されています。

この記事では、WiMAX2+のプロバイダの中でも最も安い「GMOとくとくBB」について、評判やキャッシュバックを確実に受け取る方法などを詳しくご紹介します。

GMOとくとくBBとは?

GMOとくとくBBは、東証一部上場企業のGMOインターネット株式会社が運営しているISP(インターネットサービスプロバイダ)です。

ドメイン事業やレンタルサーバー事業では国内シェアナンバーワンの実績があり、「GMOクリック証券」や仮想通過の「GMOコイン」など、幅広くインターネットサービス事業を展開している超大手企業です。

 

GMOとくとくBBが人気の理由

なぜWiMAX2+のプロバイダにGMOとくとくBBが選ばれているのか。

それは他のプロバイダよりメリットが大きいからに他ありません。

メリット

  • 業界最高額のキャッシュバック
  • 2年契約ができる
  • 端末代金が0円
  • 20日以内ならキャンセルが可能

 

他社に比べて圧倒的に高額なキャッシュバックがあり、WiMAX2+を最も安く使えるプロバイダなのです。

 

GMOとくとくBB公式ページはこちら

 

業界最高額のキャッシュバック

数あるWiMAXのプロバイダの中でもGMOとくとくBBは業界最高額のキャッシュバックがあります。

WiMAXのプロバイダはキャッシュバックの無いところも多いですが、GMOとくとくBBはなんと最大で40,450円のキャッシュバックがあります。

 

2年契約ができる

WiMAXの契約期間は2年~3年ですが、プロバイダによっては3年契約しか選べないところもあります。

しかし、GMOとくとくBBは2年契約と3年契約が選択できます。

WiMAX2+の電波がしっかり入るエリアならLTEオプションを使うこともほどんどないので、GMOとくとくBBの契約者の88%以上が2年契約を選択しているそうです。

3年契約であればLTEオプションが無料になりますが、頻繁に使う予定がなければ2年契約がおすすめです。

 

端末代金が0円

WiMAX2+の端末は通常20,000円程度するのですが、携帯電話やスマホのように月々の分割払いなどはありません。

無料です。

端末代金は無料ですが、SIMカードは貸与なので解約時に返却が必要です。

 

20日以内ならキャンセルが可能

初めてWiMAXを契約しようと思っている方は、本当に電波が入るのか、十分な速度が出るのかなど不安があると思います。

思い切って契約してみたけどやっぱり返品したい…という場合、20日以内なら契約のキャンセルが可能です。

※ピンポイントエリア判定が「◯」のみ対象となります。

通常のクーリングオフは8日以内ですので、20日以内というのはかなり良心的ですね。

 

初期費用

WiMAXを契約する際は、どこのプロバイダでも初期費用がかかります。

GMOとくとくBBの初期費用は下記の通りです。

初期費用 0円
端末代金 0円
送料 0円
事務手数料 3,000円

つまり初期費用として最初にかかるお金は事務手数料の3,000円のみです。

 

月額料金

月額料金は月間データ量の上限がなしの「ギガ放題プラン」と月間データ量が7GBまでの「ライトプラン」の2種類あります。

ライトプランを選ぶメリットはほぼないので、ほとんどの人が「ギガ放題プラン」を選択しています。

プランギガ放題ライトプラン
端末発送月3,609円の日割料金3,609円の日割料金
1ヶ月目~2ヶ月目月額
3,609円
月額
3,609円
3ヶ月目~24ヶ月目月額
4,263円
25ヶ月目以降月額
4,263円
月額
3,609円

※支払い方法はクレジットカード払いのみとなります。

月額料金だけ見ると一瞬「他社より高いのでは?」と感じるかもしれません。

しかし、その分高額なキャッシュバックがあるので2年間の総額で考えると「GMOとくとくBB」がどこよりも安くWiMAXを利用することができます。

 

2年間の支払総額と1ヶ月の平均支払額

WiMAXは月額料金を見ただけでは高いのか安いのかの判断ができません。

月額料金は各社割引を適用した金額なので、1月単位で見ると安く見えたり高く感じたりするのですが、一見安く感じるところでも2年のトータルで見ると実は安くなかったりするのです。

WiMAXは契約期間の支払総額で比較して判断する必要があります。

例えばGMOとくとくBBで最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT W05」を2年で契約すると32,200円のキャッシュバックがあります。

ギガ放題で2年のトータル料金を算出すると…。

【初期費用+月額料金×24ヶ月-キャッシュバック】
3,000円+(3,609円×2ヶ月)+(4,263円×22ヶ月)-32,200円=71,804円

これを24ヶ月で割って1ヶ月あたりの平均支払額を算出します。

71,804円÷24ヶ月=2,991円

なんと1ヶ月あたりの平均支払額が3,000円を下回るのです。

WiMAXの本家UQコミュニケーションズの月額料金は4,380円ですから、GMOとくとくBBがいかに安いかお分かり頂けると思います。

 

GMOとくとくBB公式ページはこちら

 

GMOとくとくBBのデメリット

GMOとくとくBBのデメリットについても確認しておきましょう。

デメリット

  • 違約金が高い
  • キャッシュバックの受取方法が分かりにくい
  • サポートが悪い

 

違約金が高い

GMOとくとくBBは他社に比べて解約時の違約金がかなり高いです。

違約金

1ヶ月目~24ヶ月目まで:24,800円(税抜)
25ヶ月目以降:9,500円(税抜)
更新月:0円

 

他社に比べ、GMOとくとくBBは1ヶ月目~24ヶ月目までの違約金かかなり高く設定されています。

他社は1年目(1ヶ月目~12ヶ月目)の解約で19,000円。

2年目(13ヶ月目~24ヶ月目)の解約で14,000円のところが多いです。

更新月は違約金が発生しないので、解約のタイミングには注意が必要です。

 

キャッシュバックの受取方法が分かりにくい

高額なキャッシュバックが魅力的なGMOとくとくBBですが、キャッシュバックの受取方法が少々複雑なのが難点です。

公式サイトには以下のように説明が記載されています。

キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。

 

また、この振り込み口座の登録はメールが届いてから約1ヶ月以内に行う必要があります。

 

振込時期までに以下に該当する場合、キャッシュバック特典は適用されません。

4.ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合

 

つまり「11ヶ月目にGMOのメールアドレスに届くメールから1ヶ月以内に振り込み口座を登録する」だけで良いのですが、これを忘れてしまうとキャッシュバックをもらい損ねてしまうので注意が必要です。

しかもGMOのメールアドレスには大量の広告メールが配信されるので、その広告メールに埋もれてキャッシュバック申請メールを見落とすリスクもあります。

 

 

 

確かにこんなに広告メールが届くとメールをチェックするのも煩わしくなっちゃいますね。

いつ頃どんな件名のメールが届くのかを知っておいて確実に見つけるように心がけておかなければいけませんね。

 

 

11ヶ月後に届くキャッシュバックの申請メールは下記の差出人と件名で届くので絶対に見逃さないように注意してください。

 

キャッシュバック申請メール

差出人:GMOとくとくBB お客様センター

件名:GMOとくとくBBからのお知らせ キャッシュバック特典について

 

 

キャッシュバックが受け取れなければGMOとくとくBBを選んだ意味が無いですから、絶対にキャッシュバックは受け取りましょう!

 

GMOとくとくBB公式ページはこちら

 

キャッシュバックをもらい損ねる人が続出

キャッシュバックは11ヶ月目に送られてくる申請メールから1ヶ月以内に振込口座を登録しなければもらうことはできません。

11ヶ月後という忘れそうなタイミングに加え、1ヶ月以内に登録手続きという期限があるので、これを逃してしまうと救済処置はありません。

実際にキャッシュバックをもらい損ねてしまった人も多く、その点が悪評の理由と言えます。

 

 

 

 

3万円~4万円のキャッシュバックをもらい損ねてしまったら、私ならショックで1週間ぐらい社会復帰できなさそうです。

実際にキャッシュバックをちゃんと受け取れる人は3割程度らしく、高額なキャッシュバックはもらえない人がいることが前提に設定されているような気もしますね…。

 

キャッシュバックは確実にもらえる

キャッシュバックの受取方法が複雑なGMOとくとくBBですが、3万円~4万円のキャッシュバックはやっぱり大きいですし、ちゃんと手続きすれば確実にキャッシュバックは受け取れます

 

 

 

 

 

 

キャッシュバックを受け取れた人はやっぱり受け取るための対策をしていた人が多いようです。

確かに11ヶ月後だと忘れてしまいますし、普段使わないメールアドレスなら尚更期限を過ぎてしまいそうです。

確実にキャッシュバックを受け取るために下記の対策をおすすめします。

 

キャッシュバック対策

  • カレンダーにリマインドしておく
  • GMOのメールを普段使うメーラーに転送する
  • 絶対にキャッシュバックをもらうぞ!という意気込みで申し込みする

 

皆さん、絶対にキャッシュバックは受け取りましょう!

 

GMOとくとくBB公式ページはこちら

 

サポートが悪い

GMOとくとくBBはサポートがあまり良くないようです。

 

 

 

 

電話はフリーダイヤルではなくナビダイヤル(0570)なので有料です。

コールセンターのキャパが小さいのか全く繋がらないみたいですね。

メールでの問い合わせも回答が的外れだったり、テンプレートを貼り付けただけのメールが返ってきたりするそうで、評判は良くありません。

サポートには期待できそうにないので、利用しないつもりで申し込んだ方が良さそうです。

 

まとめ

キャッシュバックが業界最高額のGMOとくとくBBですが、サポートの悪さとキャッシュバックの受け受け取り難さが悩みどころといった感じでしょうか。

しかし、3~4万円のキャッシュバックはやっぱり大きいです。

月額料金にすると概ね1年分です。

キャッシュバックを受け取るための対策さえしておけば確実にもらえますし、2年トータルの平均支払額も月3,000円以下ですから、本当に安くWiMAX2+を利用したいなら「GMOとくとくBB」を選ぶべきだと思います。

WiMAXを持ち歩きたい人は「Speed Wi-Fi NEXT W05」

自宅で固定回線代わりに使いたい人は「Speed Wi-Fi HOME L01s」がおすすめです。

 

 

当サイトが皆様の参考になれば幸いです。

 

-インターネット回線

Copyright© 引越しライフ.com , 2018 All Rights Reserved.