部屋探し・引っ越し・ネット回線等、暮らしに役立つお得な情報サイト

暮らし

好きな時に車に乗れる「タイムズカーシェア」が超便利!

更新日:

進学や就職で東京・大阪・名古屋など、都会(都市部)に引っ越してくる方も多いと思います。

都市部は電車や地下鉄が網の目のように細かく走っていますし、電車の本数も数分間隔と非常に多いので、車を所有せず電車やバスなど公共の交通手段でのみ生活している方がとても多いです。

私自身も東京へ上京する時に車を手放し、都内に住んでいた13年間は車を所有しませんでした。(正確には所有できませんでした)

確かに都市部に住んでいれば電車やバスでどこでも行けるので困ることはないのですが、「こんな時車があると便利なのになぁ…」と思うこともしばしばありました。

しかし、都市部で車を所有するのは容易なことではありません。

何せ、駐車場がバカ高いのです。

地方では月極駐車場を借りた場合1ヶ月数千円程度ですが、都内や都市部で月極駐車場を借りた場合は1ヶ月で数万円します。

都内だと5万円を超えるところも少なくなく、車にアパートを借りてあげているようなものです。

他にも保険やガソリン代、税金や車検など、車を所有するためには決して安くはない維持費がかかりますので、都市部で車を所有するには相当のお金がかかります。

都市部は物価も家賃も高いですから、なかなか車にお金を回すことは難しいのです。

車は持てないけど、車に乗りたい!

そんな方におすすめしたいのがカーシェアリングの「タイムズカーシェア」です。

以前は「タイムズカープラス」という名称でしたが、2019年5月1日よりサービス名称が「タイムズカーシェア」になりました。

実際に私も都内に住んでいた頃から使っていて非常に重宝していました。

この記事では、都会暮らしでも簡単に車に乗れるタイムズカーシェアを詳しくご紹介したいと思います。

カーシェアリングって何?

車を借りると言えばまず思い浮かぶのが「レンタカー」ですが、「レンタカー」と「カーシェアリング」は何が違うのでしょうか。

「車を借りる」という面ではどちらも同じですが、レンタカーはレンタカー会社から直接個人が車を借りるのに対し、カーシェアリングは複数の会員でカーシェアリング用の車両を共同利用します。

具体的には、家や駅近くのタイムズステーション(駐車場)に2~3台のカーシェアリング用の車両が常備してあります。

タイムズカーシェアの会員であれば、このカーシェアリング用の車両を好きな時に好きな時間使うことができます。

ステーションによってはカーシェアリング用の車を置いていなかったり、常備している車種に違いがありますが、会員なら全国どこでも利用することができます。

また、利用方法も車両に対して利用時間を予約する形で、スマホやパソコンから車の予約状況を確認して、空いていれば最短15分後から借りることができます。

もしも最寄りのタイムズステーションで空きがなければ、他のステーションから空いている車を借りることもできるので、急に車が必要になった時でも非常に便利です。

 

利用方法

実際に車を借りる時の手続きは非常に簡単です。

パソコンの場合はネットで、スマホの場合は専用のアプリからログインし、最寄りのタイムズステーション(駐車場)に常備してあるカーシェアリング用の車の空き状況を確認します。

ステーション検索をすると、地図内にあるステーションに常備されている車両の空き状況が画面右側に表示されます。

 

 

青い部分は空いている時間帯、赤い部分は予約が入っている時間帯、黒またはグレーの部分はメンテナンス等で予約が入れられない部分です。

空いている時間帯であれば、何時間でも好きなだけ予約を入れて借りることができます。
15分単位で指定が可能です。

予約完了や利用時間の直前になるとメールで通知が来ます。

予約の時間になったらステーションへ行き、車の後方部にある「TOUCH」マークのところに会員カードをかざすと鍵が開きます。

 

 

グローブボックスから車の鍵を取り出し、貸出スタートです。

 

 

もしも借りていて時間を延長したくなったら、カーナビのメニューで延長することも可能です。(※後に予約が入っていなければ)

返す時は駐車場の元の位置に車を戻し、車の鍵をグローブボックスに戻します。

車から降りて再び「TOUCH」マークのところに会員カードをかざすと鍵が閉まります。
※忘れ物がないように十分注意してください。

タイムズカーシェアの利用方法は下記の動画で分かりやすく解説されていますので、興味のある方は参考にしてください。

 

 

利用料金

タイムズカーシェアは15分単位で利用することができ、利用料金はガソリン代や保険が込みでたったの220円/15分です。

※車種によってクラスが分かれていて利用料金が異なります。

15分単位での利用時に20リットル以上給油すると、自動的に30分の料金が割引されます。

また、走行距離に応じてかかる距離料金はありません。

利用できる車種もベーシッククラスであればMAZDAのデミオやNISSANのノート、HondaのフィットやSUZUKIのスイフトなど一般的な乗りやすい車が揃っています。

2~3時間程度の短時間利用であれば、レンタカーより圧倒的に手軽で安いです。

また、6時間や12時間などのパックもあります。

  ベーシッククラス ミドルクラス プレミアムクラス
時間料金 220円/15分 330円/15分 440円/15分
最大時間料金 6時間まで 4,290円 6,490円 8,690円
12時間まで 6,490円 8,690円 13,090円
24時間まで 8,690円 11,990円 18,590円
36時間まで 11,990円 16,390円 25,190円
48時間まで 14,190円 19,690円 30,690円
72時間まで 20,240円 28,490円 43,890円
距離料金 16円/km
6時間以上ご利用いただくと、利用開始時からの走行距離に対して課金されます
ナイトパック
(18:00-翌9:00)
2,640円 3,960円 5,280円
ミニマムチャージ 1,760円 2,640円 3,520円

※ 個人・家族プランの場合は、880円(800円+税)の無料利用料金が付きます。(月額基本料金の無料期間中は除く)
※ クラス別車種リストはこちら
※ ナイトパックは利用開始時からの走行距離に対して16円/kmがかかります。
※ 24時間以上のご予約で、実際のご利用が2時間未満の場合は、ミニマムチャージがかかります。

 

月額基本料

タイムズカープシェアを利用するためには会員になる必要があります。

会員になると月額基本料が発生しますが、月々880円(税込)と意外にも安いです。

家族プランだと1人の基本料金で家族全員が利用できますので、車を所有していない世帯には大変便利です。

学生は4年間は基本料金が無料なので、本当に220円/15分で使った分だけの料金しかかかりません。

プラン 月額基本料金 無料利用料金(※) 特長 内容・条件
個人プラン 880円 880円 タイムズカーシェアの基本プラン 個人なら誰でも選択可能。
家族プラン 880円 880円 1人分の月額基本料で、家族全員が利用可能 運転免許証に記載された名字もしくは住所が同一であることが条件。(会員カードは家族ひとりずつ発行)
学生プラン 無料 0円 入会月から4年間の月額基本料金が無料! 日本国内の学校法人の学生であることが条件。(学生証のコピーが必要)
また、4年経過後には自動的に「個人プラン」に移行となり、月額基本料が発生します。
法人プラン 無料 0円 月額基本料が無料 入会の際には簡単な審査があります。

※個人プランと家族プランなら、880円分の無料利用分が毎月ついてきます。(繰越し不可)

 

給油・洗車料金サービス

時間料金での利用中に給油や洗車をすると割引が受けられます。

給油(20L以上) 30分の時間料金割引
洗車 30分の時間料金割引
給油(20L以上)&洗車 60分の時間料金割引

※ 利用したクラスに応じた時間料金割引となります。ナイトパックは適用対象外です。

 

初期費用

初期費用として、入会時にカード発行料1,650円(1人/1枚)がかかります。

※入会キャンペーン等でカード発行手数料はほとんどの場合無料です。

法人プランの場合、カード発行料は、660円(1人/1枚)となります。

 

入会方法

タイムズカーシェアの入会方法は、通常の店舗での入会(対人)の他に下記の4つの方法があります。

①クイック入会

②インターネット入会

③カーシェア説明会での申込

④無人入会機での申込

個人的には②のインターネット入会をおすすめします。

店舗に出向く必要がなく、提出する必要書類は全て画像に撮ってアップロードできるので非常に楽です。

会員カードが届けばすぐに利用できますが、届くまでに1週間程度かかります。

 

タイムズカーシェア 個人入会はこちら

 

①クイック入会

WEBで基本情報を申し込んだ後、店舗に会員カードを受取りに行く入会方法です。

最短当日と最も早く利用することが可能ですが、カード発行可能な店舗にわざわざ出向かないといけないのがデメリットです。

※カード発行手数料が無料

 

②インターネット入会

入会手続きを全てWEBで完結させる入会方法です。

店舗まで足を運ばずに自宅で入会できるので、一番おすすめの入会方法です。

通常、入会申込には免許証などのコピーを郵送しなければならないのが一般的ですが、この入会方法だと免許証などの必要書類を画像でアップロードするたけなので非常に簡単です。

最短5営業日で会員カードが発送されます。

※カード発行手数料が無料

 

③カーシェア説明会での申込

タイムズの駐車場や商業施設などで開催されている「カーシェアリング説明会」で入会する方法です。

運転免許証とクレジットカードなど、必要書類が揃っていれば即日入会が可能です。

会員カードは即日受け取れますが、利用開始には5営業日程かかります。

※カード発行手数料が無料

 

④無人入会機での申込

店舗に設置してある無人入会機を使って入会する方法です。

登録完了まで 最短10分でカード発行ができます。

入会に必要な基本情報をWEBで事前登録しておけば、最短3分で入会完了できます。 

24時間いつでも入会が可能ですが、店舗によって営業時間が異なるので事前に調べておく必要があります。

※無人入会機では、「個人プラン」のみの入会が可能です。

 

入会時に必要なもの

入会時に必要なものをご紹介します。

  1. 運転免許証
  2. クレジットカード
  3. 運転者本人の携帯電話番号およびメールアドレス

その他場合によって必要な書類は下記の通りです。

対象者 必要書類 備考
運転免許証記載の住所が
現住所と異なる方
現住所確認書類 ・公共料金の領収書もしくは請求書
・保険証
・住民票の写し
・パスポート
・住民基本台帳カード
・外国人登録証
・「在留カード」または「特別永住者証明書」
学生プランをご希望の方 学生証 日本国内の学校法人の学生であることが条件
家族プランをご希望の方 住民票・保険証 運転免許証に記載された主契約者と家族運転者の名字または住所が同一であることが条件となります。
上記が異なっている場合、名字もしくは住所が主契約者と同一であることを確認できる書類が必要
20歳未満の方 親権者の同意書 親権者同意書をダウンロードして、必要事項を記入
すでにタイムズクラブにご入会されている方 タイムズクラブカード タイムズカーシェアに入会する際、タイムズクラブに同時入会となります
すでにタイムズクラブに入会している方は、既存のタイムズクラブ情報の紐付けが可能

これらの必要書類は、コピーを郵送またはデジタル画像でアップロードすることで提出が可能です。

画像サイズは1枚につき、4MBまでとなっています。

ファイル形式は、jpeg、jpg、bmp、png、gif に対応しています。

 

タイムズカーシェア 個人入会はこちら

 

支払方法

利用料金は入会時に登録したクレジットカードでの支払いのみとなります。

利用明細は会員専用マイページにログインして確認できます。

クレジットカードは、本人名義(運転免許証に記載された氏名の名義)のものである必要があります。

利用できるクレジットカードは、VISA・JCB・AMEX・MASTER・DINERS・EPOS の6ブランドです。

 

ステーション検索

タイムズカーシェアに登録したとしても、家や駅の近くにタイムズカーシェアのステーションが無ければ意味がないですよね。

検索は住所や駅名、車種などに絞って探すことも可能です。

どれぐらいの数があるのか、主要都市で検索した結果がこちらです。

 

【新宿駅周辺】

 

【池袋駅周辺】
  

 

 【大阪駅周辺】

 

【名古屋駅周辺】

駅周辺にかなりの数のステーションがあるのがお分かり頂けたと思います。

現在は全国の都道府県にも普及しているので、私も帰省時に利用するため今もタイムズカーシェアの会員です。

 

予約していた時間より早く返却したら?

例えば3時間予約して借りたけど思ったより早く用事が終わり、1時間で返却したとします。

普通だと予約していた3時間分の料金を支払うことになりそうですが、タイムズカーシェアは使った分だけしか請求されませんので、1時間分の料金のみ支払えばいいのです。

予約のキャンセルも無料で、予約開始時間の1分前までならキャンセルが可能です。

 

車内に忘れ物をしてしまったら?

車を返却した後に忘れ物に気づいた場合、会員カードをかざすことで1度だけドアの開錠・施錠をすることが可能です。

ドアの開閉は1回のみで、返却後1時間を過ぎると会員カードをかざしてもドアは開きません。

その場合はコールセンターに電話して開錠してもらう必要があります。

返却時はライトの消し忘れ、車内に忘れ物がないかしっかりチェックしましょう。

 

コールセンター24時間サポート

タイムズカーシェアはコールセンターが24時間サポートしています。

利用方法や利用中のトラブルなどに24時間対応してくれるので安心です。

 

事故を起こしてしまったら

事故を起こしてしまったら、気が動転してしまい、どうしたらいいのか分からなくなるものです。

万一の事態に備えて、事故が発生した際の手順を確認しておきましょう。

 

①事故車両を安全な場所へ移動

二次災害的な事故や交通渋滞を防ぐために、車両が動かせる場合は速やかに安全な場所へ移動させてください。

また、他の自動車や周囲に事故が発生したことを知らせるため、発煙筒を点火したり三角停止板を設置するなど、危険を防止する措置をとりましょう。

※高速道路上での事故の場合は、後続車に十分注意して安全を確保してください。

 

②怪我人の救護

負傷者がいる場合は速やかに救助し、救急車の手配をしてください。

 

③その場から警察へ連絡

その場から警察へ連絡し警察官の指示に従ってください。

※警察への届け出がない場合、保険・補償が適用外となりますのでご注意ください。

 

④事故発生場所からコールセンターへ連絡

警察への連絡が完了したら、直ちにコールセンターへ事故の報告をしてください。

会員専用フリーダイヤル : 0120-24-5037(24時間受付)

詳細を聴取後、保険会社に電話を転送されます。

※相手方との直接示談や返却後の事故報告は保険・補償が適用外となりますのでご注意ください。

 

補償制度について

タイムズカーシェアは、利用中の万一の事故に備え、下記の金額を限度とした補償があらかじめ利用料金の中に含まれています。

対人補償(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)/1名につき 無制限 (自賠責補償 3千万円を含む)

対物補償(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)/1事故につき 無制限 (対物免責額 0円)

車両補償(タイムズカーシェアの車両に損害があった場合の補償)/1事故につき 時価額 (車両免責額 0円)

人身傷害補償(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)/1名につき 無制限

搭乗者の自動車事故によるケガ(死亡・後遺障害を含みます)につき、運転者の過失割合に関わらず、損害額を補償します。(限度額無制限:損害額認定は保険約款に基づき保険会社が実施いたします)
※搭乗者傷害は付保されておりません。

 

保険・補償が適用できない例

事故の際、下記のような場合は保険や補償が適用できない場合があります。

  • 会員以外の人の運転
  • 「追加運転者登録」をしていない人の運転
  • 予約者が同乗していない
  • 事故の無報告
  • 警察への届出なし
  • 相手方と直接示談
  • 飲酒運転などの法令違反
  • 正常な運転ができない状態での事故(病気や薬物など)
  • 車両返却後の事故報告
  • 無断延長
  • 虚偽の申告など

保険や補償が適用できないと多額の負債を背負うことになり兼ねませんので、上記のような行為はくれぐれもしないよう注意してください。

 

ノンオペレーションチャージ(NOC)

ノンオペレーションチャージとは、事故や利用者の過失で車両に損傷を与えた場合、その修繕期間中の営業補償として、利用者がレンタカー会社に支払う金額のことです。

別名「休業補償」とも言い、罰金みたいなものです。

このノンオペレーションチャージは車両保険や免責補償制度とは別物なので注意してください。

上記の保険・補償(対人・対物・車両人身傷害)で、車両の修理代がまかなえたとしても、レンタカー会社への営業補償としてノンオペレーションチャージは支払う必要があります。

自走可能の場合は2万円、自走不能の場合は5万円とかなりの高額です。

事故以外にも、汚損・紛失・破損・混油・バッテリーあがり・忘れ物の回収・乗り捨てなどで実費やNOCを請求されますのでご注意ください。

 

TCP安心補償サービス

事故時のノンオペレーションチャージ(NOC)、タイヤ破損時の実費、バッテリーあがり、キーのインロック、ガス欠、それに関わる搬送(レッカー等)の費用が免除となるサービスです。

安心補償サービスは、予約時に1利用に対し330円(税込)で加入できます。

※利用開始後の加入・取消はできませんのでご注意ください。

 

安心補償サービス 330円
緊急出動費 5,500円
駐車違反 27,500円

 

カーシェアリングはどんなシーンで利用できる?

タイムズカーシェアは私も実際に利用していましたが、あらゆる場面で重宝しました。

私がよく利用したのは買い物ドライブです。

家電や家具の量販店で買い物をした場合、大きなものや重いものだと後日配送してもらわないといけませんが、車があればそのまま持って帰ることができます。

休みの日に友人とドライブしたり、気分転換に一人で深夜のドライブ出かけたこともあります。

あとは友人が遊びに来ていた時に急に大雨になり、車で家まで送ったりもしました。

他にも「家族が急病で病院に連れて行きたい」とか、「終電を逃して迎えに行く」とかにも使えますね。

会員なら全国どこでも好きな時に車が借りられますので、旅行先や出張先でも利用できます。

何なら出先で「ちょっと1時間ぐらい横になって休憩したい」って時に利用することだってできます。

カーユーザーでも色々な車を試乗することができるので、わざわざディーラーに行かなくても次に買う車選びに役立ちます。

このように色々なシーンで重宝することは間違いありませんので、タイムズカーシェアの会員になっておいて損はないです。

これから都会で生活される方はもちろん、免許は持っているけど車を所有していない方には本当におすすめですよ。

 

タイムズカーシェア 個人入会はこちら

 

-暮らし

Copyright© 引越しライフ , 2020 All Rights Reserved.