部屋探し・引っ越し・ネット回線等、暮らしに役立つお得な情報サイト

部屋探し

賃貸物件のエアコン故障 知っておきたい設備と残置物の違い

更新日:

今や賃貸でもエアコン完備が当たり前の時代になってきました。

最近建築された物件であればほぼ100%エアコンが備え付けられていると思いますが、極端に家賃が安い物件や築の古い物件だとエアコンなしなんて物件もまだまだありますね。

夏の猛暑は熱中症のリスクがありますし、マンションやアパートは基本的に石油ストーブは禁止されているので、エアコンで夏は冷房、冬は暖房を使っている方も多いと思います。

もはや必需品とも言えるエアコンですが、賃貸物件に備え付けられているエアコンが故障した場合、大家さんが直してくれる場合と自分で費用を負担して直さなければいけない場合があります。

この記事では賃貸物件のエアコン故障時に知っておきたい設備と残置物の違いについて説明したいと思います。

故障したエアコンは直してくれるの?

賃貸物件のエアコンが故障した時、大家さんが直してくれるのでしょうか?

それとも自分で修理代を支払わなければいけないのでしょうか?

それはそのエアコンが「設備」なのか「残置物」なのかによって違ってきます。

物件の建築時などに大家さんが負担して取り付けたエアコンは「設備」になります。

借主は「エアコン付きの部屋」を借りていることになるので、もし普通に使用していて故障した場合は大家さんの負担で修理または交換してくれます。

エアコンに限らず、部屋に付帯している照明器具、ガスコンロ、温水洗浄便座などが「設備」であれば、借主は「〇〇付きの部屋」としてその分のお金を払って借りていることになるので、故障時は大家さんの負担で修理または交換してくれます。

借主は大家さんの所有物を借りているだけなので、退去時には現状回復して返却する必要があります。

 

大家さん負担で直してくれないケース

エアコンが「設備」であれば故障時に大家さんの負担で修理または交換してくれます。と上記で説明しましたが、大家さんの負担で修理や交換をしてくれない場合が「残置物」だった場合です。

「残置物」とは、元々その物件についていなかった設備を前の住人が自己負担で購入し、退去時に残していったものです。

例えば「元々エアコンが無かった部屋に前の住人が自己負担でエアコンを取り付けて、引っ越し先にエアコンが完備されていたのでそのまま残して退去した」というようなケースが考えられます。

エアコンは移設にもお金がかかりますからね。。。

もちろん自己負担とは言え、取り付ける時も残置物として残して行く時も大家さんの承諾が必要です。

エアコンが残置物の場合、借主は「本来はエアコンなしの部屋」を借りていることになります。

「本来はエアコンなしの部屋だけど、エアコンがある部屋」

なんかややこしくなってきましたね。

大家さん的には「本来はエアコンなしの部屋だけど、前の住人がエアコン置いて行ったから使ってもいいよ。でも壊れたら自分で直してね。」ということです。

「残置物」で多いのはエアコン、照明器具、ガスコンロなどです。

私の経験では、押し入れの中にハンガーラックが残置物として残っていたこともあります。

私が現在住んでいる物件には3台のエアコンがありますが、そのうち2台は残置物です。

リビングのエアコンが設備で、寝室ともう一部屋のエアコンが残置物です。

寝室で使っているエアコンが壊れたら自己負担で修理になるので困ります。

このように、大家さんの負担で修理または交換してくれるか否かは、「設備」か「残置物」かによって変わってくるということです。

設備は契約書に有無が記載されているので確認してみましょう。

残置物は「無」と記載されているか、無(残置)と書かれている場合があります。

 

残置物の所有権は誰にあるの?

残置物は前の住人が残していったものだから、自分が引っ越す時に持って行ってもいいよね?

と思う方もいると思いますが、ちょっと待ってください!

残置物の所有権について知っておかないと、トラブルになるかもしれません。

残置物は前の住人が大家さんの承諾を得て自己負担で購入し設置したものです。

この時点では所有権は購入した前の住人にあります。

しかし、退去時に残置物として残して行った時点で、前の住人は所有権を放棄したことになります。

この時、所有権は大家さんに移っているのです。

なので、残置物は大家さんの所有物なのです。

「大家さんの所有物なのに壊れたら直してくれないの?ズルくない?」と思われる方もいると思いますが、気持ちは分かります。

残置物は「所有権は大家さんにあるけど修理の義務はない」都合の良いものなのです。

大家さんは自分の所有物を無償で貸していることになります。

だから壊れたら借りている人が直さなければいけないのです。

実はこの仕組みを悪用する大家さんもいます。

私が以前住んでいた物件ではエアコンは残置物ですと言われていましたが、他の部屋が募集に出ていた際に部屋の写真を確認したところ、どの部屋にも全く同じ型のエアコンが設置されていて、明らかに建設時に備え付けたものでした。

本当は設備なのにそれを残置物ということにして、以降の修理や交換を入居者に負担させようとしているのです。

大家さんの経費を削減するための策なのでしょうが、それはちょっとズルいやり方だと思いました。

話しが逸れましたが、残置物は大家さんの所有物なので、引っ越し時に無断で持って行ってはいけません。

交渉すれば「持って行ってもいいですよ」と言ってくれるかもしれません。

私は残置物のガスコンロをもらったことがありますよ!

 

残置物を勝手に撤去・交換してもいいの?

残置物が故障した場合、借主の負担で修理しなければならないということはお分かり頂けたと思います。

では、修理ではなく撤去や交換の場合はどうでしょう?

実は残置物が壊れたからといって、勝手に撤去や交換してしまうと大家さんから弁償しろと言われる可能性があります。

上記でも説明した通り、残置物の所有権は大家さんにあります。

壊れたからと言って人様から借りている物を勝手に撤去・交換するのは非常識ですよね?

新しいものに交換したい場合はまず大家さんの承諾を得ましょう。

まず撤去費用ですが、これは大家さんが負担するのが正しいです。

残置物が故障した場合は借主の負担で修理しなければいけないので、撤去費用も借主が負担しなければならないと考えがちですが、残置物は大家さんの所有物ですから、大家さんが撤去費用を負担するのが道理です。

新しいものに交換する場合の購入費用や設置費用は借主の負担となりますが、自分で購入したものなので当然所有権は借主にあります。

なので、次回の引っ越し時には、引越し先へ持って行くことができます。

しかし、最初から引っ越し時に残して行くつもりなら、事前に大家さんにその旨の承諾を得るようにしましょう。

もしかしたら大家さんが費用負担してくれて「設備」になる可能性もあります。

このように「設備」と「残置物」では、壊れたり買い替えたりする場合の取り扱いが違います。

エアコンを例に説明しましたが、照明器具やガスコンロ、温水洗浄便座や備え付けの家具・家電にも同じことが言えます。

「設備」が「残置物」かは契約時に説明があると思いますし、契約書にも記載されていると思いますので、確認しておくようにしてくださいね。

以上、当サイトが皆様の参考になれば幸いです。

 

 

部屋探しは「お祝い金がもらえる賃貸サイト」を使うべし!

部屋探しは「お祝い金がもらえる賃貸サイト」を使うべし!

「引越しライフ.com」にご訪問いただき誠にありがとうございます。

最後まで読んで頂いたお礼に、ちょっとだけトクする情報をお教えします。

お部屋探しに利用する賃貸サイトには、そのサイトに掲載されている物件に問い合わせをして成約するとお祝い金(キャッシュバック)がもらえるサイトがあります。

①申請手続きがかなり厳しいですが、5万円のお祝い金がもらえる「賃貸スモッカ」②15,000円は確実にもらえる「DOOR賃貸

③物件によって5,000円~のお祝い金がある「キャッシュバック賃貸

私はスモッカで本当に5万円もらうことができましたが、申請手続きがめちゃくちゃ大変だったので正直おすすめはできないです。

【関連記事】

 

おすすめは、お祝い金が15,000円~とそれなりに高くて申請手続きが簡単な「DOOR賃貸」です。

キャッシュバック賃貸」も申請手続きは簡単ですが、お祝い金が物件によって異なり、ほどんどが5,000円~10,000円です。

これらの賃貸サイトは業界最大手の「SUUMO」など、複数の賃貸サイトと提携して物件情報を二次掲載しているので、物件の数もかなり豊富です。

同じ物件を契約するなら、何ももらえない賃貸サイトを利用するより、お祝い金がもらえる賃貸サイトを利用した方が圧倒的にお得です。

お祝い金の申請も、物件を問い合わせした日から60日以内に賃貸借契約書や本人確認書類の画像をメールに添付して送るだけなので非常に簡単です。

引っ越しは何かと物入りですから、お祝い金をもらえると引越し費用の足しになって嬉しいですよね。

物件を問い合わせて成約に至るだけでお祝い金がもらえるので本当にお得な賃貸サイトです。

是非皆様のお部屋探し・お引越しに役立ててください。

 

入居決定で15,000円のお祝い金が確実にもらえる「DOOR賃貸

【参考記事】

 

物件によって5,000円~お祝い金がもらえる「キャッシュバック賃貸

【参考記事】

 

他にも引っ越しでキャッシュバックをもらう裏技を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

【参考記事】

 

当サイトが皆様のお役に立てば幸いです。

 

-部屋探し

Copyright© 引越しライフ , 2019 All Rights Reserved.