部屋探し・引っ越し・ネット回線等、暮らしに役立つお得な情報サイト

インターネット回線

【体験談】光回線詐欺の悪質な訪問・電話営業に騙された!開通後にキャンセルは可能?

更新日:

高齢者やインターネットに詳しくない人を狙った悪質な光回線詐欺をご存知でしょうか?

インターネット回線など必要のない高齢者宅に訪問したり電話をかけて「電話が安くなる」とか「機器だけ交換します」とか、いい加減な説明で騙しネット回線を契約させる手口です。

実は実家の母がこの手の詐欺に2回も騙され大変なことになっています。

皆様もご自身だけでなく、親御さんや親族の方がこのような被害に遭わないように気を付けて頂ければと思います。

実家のネット回線事情

私の実家は元々フレッツ光を引いていたのですが、私が実家を出てからは誰もパソコンを使う人がいなくなったのでインターネット回線は無用の長物となりました。

誰もネットを使わないのに回線だけ引いていてもお金の無駄なので解約するように言っていたのですが、私が帰省した時や甥っ子が泊まりに来た時に使うかもしれないと言って今までずっと解約していなかったようです。

 

格安スマホを契約したはずが…

2016年の11月に母が自分で格安スマホを契約したと姉から聞きました。

姉は両親に自分名義の携帯を持たせようと準備を進めていたのに、母が使えもしないスマホを勝手に契約したことをとても怒っていました。

「格安スマホだから月々の料金も安いし、おかんもスマホに興味があったのだろうからいいじゃないか」と私は姉をなだめました。

しかし、これが大事件の幕開けだったのです。

姉が不審に思い色々調べたところ、母が契約したのは単体の格安スマホではなく、「〇〇〇〇〇光」というマイナーな光回線契約が主体で、そのオプションとして格安スマホをセットにしていたものだということが分かりました。

実家のネット契約そのものが変わっていたなんて当然母は認識しておらず、訪問営業に来た人に言われるがままよく分からず契約してしまったようです。

そして家の固定電話もこの時ひかり電話に変わっていたそうです。

訪問営業に来た人に何と言ってそそのかされたのかは知りませんが、よく分からないのに私や姉に何の相談もなく契約した母が悪いと思います。

ネットや携帯の契約期間には2年~3年の縛りがあり、更新月以外の途中解約は違約金が発生します。

2018年の11月でちょうど2年になるので、そのタイミングでネットも格安スマホも解約して姉名義の携帯を持たせるということで話しは落ち着いたかに見えました。

 

大事件!ネット回線の二重契約

しかし、ここで最悪な事件が起こりました。

なんと、2018年の5月に母が騙されてauひかりを契約してしまったのです。

「〇〇〇〇〇光」というマイナーな光回線の契約期間もまだ残っているので、誰もネットを使わない家に2本のネット回線を契約したことになります。

何やってんだ…おかん…。

しかも最悪なことに、工事が来た日に接続方法が分からないと姉に電話をしてきたそうです。

 

えっ?

工事が来た?

ってことは…

開通しちゃったのー!?

 

申し込みをしてから開通までの間であれば無料でキャンセルが可能ですが、工事が来て開通してしまったらもう手遅れです。

開通後はキャンセルではなく解約になるので、違約金、工事費の残債、撤去費用等が発生します。

解約に伴う費用
解約違約金 9,500円~15,000円
初期工事費の残債 最大37,500円
撤去費用 28,800円
電話をNTTのアナログ回線に戻す 2,000円~13,000円

解約には解約違約金9,500円~15,000円初期工事費の残債が最大37,500円撤去費用28,800円など多額の費用がかかります。

さらにはひかり電話をNTTのアナログ回線に戻すには状況によって2,000円~13,000円の費用がかかります。

ざっと見積もっても10万円近くの費用を支払わなければならないのです。

スマホはおろか、ガラケーですらロクに操作できない機械音痴なのに、どうして分りもしないネット回線を黙って契約したのか…。

ちょっとこれは取り返しのつかないことになってきたぞ…。

 

代理店の悪質な手口「電話が安くなります」と騙された

姉は怒りですぐ感情的になり冷静に母と話ができなそうなので、まずは私がどういう経緯で契約に至ったのかを詳しく聞いてみました。

母曰く「突然電話が掛かってきて電話が安くなりますと言われた」とのこと。

色々説明はされたらしいけどよく理解できず、「電話が安くなる」という部分をすごく強調されたので、父とも話し合い「安くなるなら…」と思って申し込んだと。

ネット回線の契約だったなんて分からなかったそうです。

私や姉に何の相談もせずに勝手に契約した母が悪いですし、開通前に姉か私に話しを出しておけばキャンセルできたものをずっと黙っていたのですから後の祭りです。

しかし、電話勧誘をしてきた代理店のやり方は、明らかに高齢者を狙った卑劣な手口だと思います。

そもそも母は電話の契約を変えたという認識でしたが、実はネット回線の契約だったわけです。

母が理解できなかった部分ももちろんあるとは思いますが、「電話が安くなる」という部分を強調することで電話の契約だと信じ込ませる手口だったのだと思います。

しかも実家はすでに「〇〇〇〇〇光」というマイナーな光回線を引いている訳ですから、ここでauひかりを引くと二重契約になります。

「〇〇〇〇〇光」を解約する必要があることも、今解約すると違約金が発生することももちろん母は知りませんでしたし、案の定説明も受けていませんでした。

 

手抜き工事も大概にせぇよ

代理店の詐欺まがいな手口にも怒り心頭ですが、さらに怒りを増幅させたのが回線工事です。

工事業者は代理店とは別業者なのは理解していますが、有り得ないぐらいずさんな工事をして帰っていきました。

普通光回線を引き込んだら下の写真のようなコンセントに付け替えます。

電話線のモジュラージャックと光コンセントが一体になったタイプです。

他にも電源コンセントやテレビ端子が一緒になったタイプもあります。

マンションやアパートだとこういうタイプが多いですね。

しかし実家の工事状況はというと…。

 

…え?

なにこれ?

下の方浮いてない?

横から見ると…。

いやいやいやいやいやw

もう笑うしかねーわ。

有り得ないでしょこれ。

よくこんな工事して帰ったな。

元々前の回線は2階に引いていたので、そっちに引き込むかと思ったら工事業者に「2階には引けない」と言われたそうです。

なぜ?

2階に引けない理由を説明もせず、一方的に1階に線を引いたそうです。

無理矢理玄関前に引き込まれたので、足元にONUやらルーターやら置くことになり非常に邪魔。

これ、どうみても手抜き工事ですよね?

こんなんKDDIに苦情入れるしかないでしょ。

相手が年寄りだからってバカにしすぎ!!

 

代理店に苦情を言う

この状況にブチギレした姉が電話で勧誘してきた代理店の担当者に電話しました。

最初チャラそうな印象の男性が電話に出て「〇〇ですか?今ちょっといないっすね~」とビジネスマナーもへったくれもない口調。

折り返しをお願いするも結局掛かってこなかったそうです。

怪しいにおいがプンプンしますね…。

翌日何度も電話して何とか担当者を捕まえ文句を言ったそうです。

表向きは真摯に話を聞く姿勢を見せますが、結局は「ちゃんと説明した」「お母様が契約に合意した」と主張し、「キャンセル・解約云々はKDDIに相談してください」と。

まぁ、電話勧誘やってる代理店なんてそんなもんでしょうね。

奴らは契約さえ取れれば何でもいいんです。

相手に光回線が必要かどうかとか、料金が高くなるとか安くなるとか、そんなことどうでもいいんです。

契約さえ取れればKDDIからお金がもらえるので、契約を取るために相手を騙すような悪質な業者も多く存在します。

工事があまりにもひどいことを言うと「それは後日再工事させます。私の方からKDDIに依頼しておきます。」と言ったにも関わらず、工事の連絡が来ないのでKDDIに問い合わせたら再工事の依頼など来ていないと…。

もうね…。

 

どんだけ平気で嘘つくの?

サイコパスなの?

 

会社名と担当者の実名晒したろか!

お前の親が同じ目に遭ったらどう思うねん。

 

一体どんな会社なんだと思い代理店をネットで調べたら代表取締役が30代前半の超ベンチャー企業。

はっきり言って大学のサークルの延長みたいな会社だと思いますよ。マジで。

テレアポ会社なんて電話と名簿があれば簡単に出来るし、こういうお金稼ぎをゲーム感覚でやってる連中でも会社を作れちゃうんですよね。

悪質な会社が多いのも納得でしょ。

そもそもauひかりの優良代理店は訪問営業も電話勧誘も一切しないですからね。

今や企業もネットで集客できる時代なので、電話勧誘や訪問販売なんてする必要のない時代なのです。

それなのに訪問や電話をしてくる広告代理店は、そうでもしないと集客出来ない弱小企業ですし、やってることは特殊詐欺と大差ないと思います。

どんなにお得そうな話でも訪問営業や電話勧誘は全て詐欺だと思ってください。

本当に得する情報は自分から寄ってきませんから。

 

 

KDDIに相談しました

もはやこんな胡散臭い代理店は信用できないので、直接KDDIに事の経緯を説明してキャンセルできないか相談しました。

しかし「開通後はキャンセルできない」の一点張り。

事務的に「開通後は通常の解約になるので、違約金や工事費の残債や撤去費用が発生します」と。

 

ぷっちーん。

 

「んなこたー分かっとるわい!

こちとらお宅の悪徳代理店に親が騙されて要らん回線引かされた挙句、アホみたいな工事されとんのじゃ!

お宅の代理店がやらかしたことなんじゃけぇお前らが責任取らんかゴルァー!」

 

とヤ〇ザみたいな方言丸出しで苦情を言いました。

 

あ、私じゃなく姉がね(笑)

 

当然オペレーターでは話にならず、エスカレーション案件になりました。

KDDIからは数ヶ月後にもらえるキャッシュバックを受け取って、それを解約時の違約金や工事費の残債に充ててはどうかと提案されていますが、それでも全然足りないですしねぇ…。

無料でキャンセルできない以上、最終的にはそれしか方法はないと思いますが。

授業料にしては高すぎるぞおかん。

 

固定電話を元に戻すのが大変

不要なネット回線を2本も引いてしまったがために大変なことになっていますが、一番の問題は家の固定電話です。

元々NTTのアナログ回線だった家の電話ですが、母が「〇〇〇〇〇光」というマイナーな光回線を契約した時に、光電話に切り替わっていますから、そこで電話番号が「〇〇〇〇〇光」に移行しています。

さらに今回auひかりを引いてしまい、そこでも光電話を契約したために電話番号がauひかりに移行しています。

「NTTアナログ回線」→「〇〇〇〇〇光」→「auひかり」

こうなってしまった訳ですが、これを元に戻すには

「auひかり」→「〇〇〇〇〇光」→「NTTアナログ回線」

と順を追って戻していかなければならないそうです。

そうでないと電話番号が消滅してしまうからです。

これがめちゃくちゃ面倒くさい!

 

突然工事業者がやって来た

今回の案件は姉とKDDIの役職者が直接やり取りしています。

姉が相当ゴネたみたいでauひかりの月額費用も請求されていないですし、撤去工事の費用なども全てKDDI持ちでやってくれるそうです。

でかしたぞ姉上!

その工事ですが、工事と機器の回収が別の日になるとかで、姉の都合が合わず「11月のどこかで同時にやりましょう」ということで後日日程調整をする話になっていたのですが、突然10月中に工事業者がやって来ました。

なぜ?

工事業者もよく分かっておらず、言われたから来ました的なスタンスだったそうです。

姉は不在でしたが、母がいたのでそのまま工事をやってもらいました。

あとでKDDIに確認したところ、やはり工事を11月にしましょうと話しをしていた履歴はきちんと残っていたそうです。

元々10月に工事する予定だったみたいですが、7月の西日本豪雨で地元が被災したため一旦全てをキャンセルしました。

どうやらそれが工事業者に伝わっていなかったようですね。

しかも工事の3日後にまた「本日工事に伺います」と電話があり、KDDIに確認すると「撤去済みになっているので工事業者側の手違いです」と。

グダグダすぎて開いた口が塞がりませんぜKDDIさん。

後日機器回収の業者も来て返却したので、これでauひかりは解約及び撤去が完了しました。

あとは「〇〇〇〇〇光」というマイナーな光回線を解約するだけです。

 

アナログ回線に戻せない?

「〇〇〇〇〇光」は11月で丸2年になるので、11月中に解約したいのですが、その前に家の固定電話をNTTのアナログ回線に戻さないといけません。

NTTに確認したところ、実家のある地域は7月の西日本豪雨で被災したため、工事が立て込んでいて早くても翌年1月以降になるとのことでした…。

それまでは「〇〇〇〇〇光」を解約できないということです。

格安スマホとのセット割が2年毎の更新で、更新月以外の解約で違約金が発生するのでとりあえずセット割を外しました。

そもそも「〇〇〇〇〇光」の格安スマホは8月に電源が入らなくなって壊れました。

2年も持たなかったということです。

期限までにSIMカードを返却して格安スマホのみ解約しました。

あとは1月以降に家の電話をアナログ回線に戻したら「〇〇〇〇〇光」を解約するだけです。

いや~終わりが見えてきたとはいえ、5月に起こった事件がまだ決着しないとは…。

長い闘いです。。。

 

気を付けて!詐欺の手口

うちのような被害に遭わないためにも、悪質な詐欺業者がよく使う手口についてご紹介します。

・KDDI(NTT)の者です。
⇒大嘘

・電話が安くなります。
⇒実はネット契約です

・安くなります。
⇒よく調べないと逆に高くなります

・機器だけ交換します。
⇒ネット契約が丸ごと変わります

・回線が統合されます。
⇒ネット契約が丸ごと変わります

・今までの回線が使えなくなりますので乗り換えをお願いしております。
⇒何年先の話?使えなくはなりません。

などです。

そもそもNTTもKDDIも訪問営業や電話勧誘は一切していませんので、このような手口で勧誘してくるのは100%別の業者です。

代理店もピンキリですが、訪問営業や電話勧誘をしている業者にロクな業者はいないので絶対に契約してはいけません。

光回線の優良代理店も訪問や電話での営業は一切しません。

 

auひかりの優良代理店2社

 

この記事を読まれている方の中で安心できる代理店からauひかりに申し込みたいという方は、下記に紹介する優良代理店2社のいずれかからお申込みください。

auひかり優良代理店

・株式会社NEXTの【auひかりキャンペーン】

・株式会社NNコミュニケーションズの【auひかりキャンペーン】

この優良代理店2社については下記の記事で詳しく紹介しておりますので参考にしてください。

 

私は株式会社NEXTの【auひかりキャンペーン】 から申し込みました。

こちらの代理店を利用した感想は、説明が分かりやすくキャンペーンを適用した場合の月額料金を都度教えてくれたり、見落としがちな注意点などもしっかり説明してくれましたので非常に良心的な印象を受けました。

私はこの代理店からauひかりを申し込んで代理店から29,000円、プロバイダから21,000円、合計50,000円のキャッシュバックをもらいました。

 

auひかり以外の光回線をお探しの方は下記のカテゴリーを参照してください。

【おすすめカテゴリー】
インターネット回線 – 引越しライフ.com

 

当サイトが皆様の参考になれば幸いです。

 

-インターネット回線

Copyright© 引越しライフ , 2019 All Rights Reserved.